平屋検討中の方へ③ 耐震編

Ocean Studioからお知らせです。

今回は平屋耐震についてお話をしていきたいと思います。

平屋は地震に強くなりやすいよね

今日は平屋が地震に強くなりやすいよねっていうお話をします。

↑「アメリカンな平屋の家」

正確に言うと、平屋は2階建てよりも地震に強くなりやすいし、耐震上有利なつくりという話です。

(※比較すると強いというだけで、2階建ては地震に弱いというお話ではないです。)

その理由をあげますので参考にしてくださいね!

 

①揺れにくい

まず単純に1階建てと2階建てではどちらが揺れやすいですか?というと、1階建てかな?と思うくらいかもしれませんが、5階建てはたまた30階建てと比べるとどうでしょうか?

もちろん1階建てのほうが揺れにくいですよね。

30階の食器棚と1階の食器棚はどっちが危険か?という視点から見ても有利ですね。

 

②地震以外の揺れにも良い

そもそも「揺れ」というのは地震だけではなく、強風時にも揺れていますし、はたまた道路沿いのお家で大きな車が近くを通るときも揺れたりしてるんです。

例えば大きな車がバンバン通る道のそばに建っている家では、普段から常に若干の揺れが発生している可能性があります。その若干の揺れがある家と、普段から揺れてない家だとどっちが地震がきたとき有利か?という話。

もちろん普段から揺れてない家のほうが構造上有利ですよね?

だとしたら、①のように揺れにくい平屋のほうが有利だよねっていう話なんです。

 

③ベシャッとつぶれにくい

阪神淡路大震災や熊本の地震などでは、建物がベシャッとつぶれてしまうことがあったそうですが、そのつぶれてしまった多くが2階建てだったというデータがありました。

理由は簡単な話で、平屋の場合は2階を支えることがなく、屋根を支えているだけなのでかかっている重さが違うからなんです。(木造の家だと2階建ての方が割合が多いというのはさておき)

そしてさらにいうと屋根を軽くするとなおさら安定しますね。

 

2階建ても平屋も構造をしっかりと

ということで、2階建てよりも平屋のほうが耐震上有利だという話をしてきましたが、もちろんですが2階建てだから耐震上弱くなるという話ではありません!

もちろん耐震性能をしっかり確保した設計と施工をすれば当然ですが2階建てもぜんぜん大丈夫ですし、3階建てでも問題ありません。はたまた構造を木造以外に変えれば30階建ても問題ないわけです。

これもまたもちろんですが、逆に平屋だからと言って構造が適当だと耐震性能が劣ります。あたりまえです。

あくまで揺れにくい、有利になりやすいというだけのことですからね。

最後に

2階建てのメリットもたくさんあり、大体平屋と2階建ての発注が半々です。

ただ、平屋のメリットもこれまで何度も伝えてきたとおりですので、やっぱり平屋はおススメです。

今日はここまでで。

ご覧いただきありがとうございます。

ご相談は電話、当サイトでのお問合せフォームにて承ります。

お問合せ電話
TEL 0470-64-6986
FAX 0470-64-6984

よくある質問はこちら
https://osonjuku.co.jp/faq/

お申込フォームはこちら
https://osonjuku.co.jp/contact/

PAGE TOP