土地購入時の諸費用について

 

オーシャンスタジオからお知らせです。

 

土地代金以外に費用がかかる?

土地を買う場合に、まず気になるのが土地の価格。

そこでこんな話は把握していらっしゃいますか?

もしあなたの予算的には1000万円でおさめたい!としましょう。

そんなとき950万円の土地が見つかったとすると「やった!買おう!!」となるかもしれませんが、意外と土地って追加でかかる費用がいくつもあることを把握しておかないと、結局1000万円以上かかってしまうことがあります。

追加でかかる費用については知っておいたほうがいいですよね。

①諸費用

まずは土地を買うだけで必ず(ほぼ)かかる追加の経費というものがあります。

それは一般的には諸費用というものでして、印紙税、登記費用、不動産取得税など、

これは購入を考える時に必ず予算計上しておきましょう。

②仲介手数料

不動産屋さんが仲介している場合(売主さんの窓口が不動産屋さん)は、仲介手数料がかかります。

法的に決まっていて、だいたい3%+6万円+税がかかります。

1000万円の土地なら36万円+税ということですね。

しかし不動産屋さんが売主になっている場合(不動産屋さんの宅地分譲地販売など)は、仲介手数料はかかりません。

③上下水道の引き込み費用

土地に上水道が引き込まれていない場合、引き込み費用がかかります。

前面道路のアスファルトを切り取って、水道管を宅地内に引き込む工事が発生するわけです。

DSC_1959

↑こんな感じで

下水道がなくて浄化槽が必要な場合も同じですね。

そしてひとつややこしいのが、新たに土地を造成したところは問題ないのですが、古くからある土地では、水道管が入っていないならまだ明確ですが、水道管が古すぎて使えない・・・ということもあり得るケースです。

こういう時は、まさに思ってもいなかった費用になるわけですね。

④土の高低差を解消するための費用

土地の地面が下がっている、もしくは高い、もしくは斜面になっている場合があります。(これは多々あります)

御宿台やミレーニア勝浦などの住宅街は高低差がある土地が多いです。

どんな土地でもそうですが、まっ平らな土地などありませんので。

その土地の高さにより、削ったり、埋め立てたり、擁壁を入れて補強したり、家の基礎を高くしなきゃいけなくなったり・・・という費用が発生するんですね。

⑤地盤が弱い場合の地盤改良費用

これもよく聞くと思いますが、地盤が弱い場合は地盤改良費用がかかります。

このややこしいところは、基本的に土地を購入してから地盤調査をする流れになるということ。

つまり、その土地を買うかどうかを決定するときには、地盤改良費用が発生するかどうかは分からないわけです。

しかし、ある程度周辺データや、既存建屋がある・ないによる想定はできますが、あくまで想定にすぎません。

その他にも

・思いもよらない埋設物が埋まっていた(昔の建物の基礎など)

・近隣との境界にかかる費用(測量費用、塀を設置する費用など)

・汚染土壌だった

など。

しかし想定されうる事については説明する義務があるので説明いたします。

はず・・・というのは、想定しきれないこともありますからねぇ・・・ということ。

 

最後に

ということで、これらのもろもろを把握したうえで、土地の購入は予算内におさめていきましょう。

いつもお客様にお伝えしている事は、

オーシャンスタジオでは土地探しも家づくりのプロと一緒にすることでアドバイスをすることで思ってもいなかった追加でかかる費用を、事前に想定できる費用にすることができます。

なのでオーシャンスタジオではまだ土地が見つかっておらず、何から始めていいかわからないお客様でも0から家づくりをともに始めることができます。

お気軽にお問い合わせください。

ご相談は電話、当サイトでのお問合せフォームにて承ります。

お問合せ電話
TEL 0470-64-6986
FAX 0470-64-6984

よくある質問はこちら
https://osonjuku.co.jp/faq/

お申込フォームはこちら
https://osonjuku.co.jp/contact/

PAGE TOP